PAGE TOP ▲

時間と場所にとらわれない生き方・働き方をコンセプトに、おすすめできるモノ・コトを発信するブログ

TOP タイ旅行にパソコンやガジェット類を入れるバッグを試験的に購入してみました。

タイ旅行にパソコンやガジェット類を入れるバッグを試験的に購入してみました。

  • 公開日:2019年9月9日
  • 最終更新日:2019年9月10日
  • カテゴリ:

2019年11月にタイ旅行へ行くのですが、もちろんノートパソコンやガジェット類は色々と持っていく予定です。そこで検討しなくてはいけないのが輸送手段。今回は試験的に購入したビジネスバッグについて書きたいと思います。


ヤマダソウイチロウ″><figcaption class=ヤマダ

ヤマダソウイチロウ(@sou16ooo)です。お読み頂きありがとうございます!



今回購入したのはビジネスバッグは6,480円

今回購入したのは、A.I.LというブランドのビジネスバッグA.L.I ADC-3601W-BKで、価格もAMAZONでは送料込みで6,480円とかなりロープライスで購入できました。

十分な容量と機能性

↑ MacbookProの13インチを入れた様子。Macの右側にだいぶ余裕があるので15インチでも収納可能。

↑ MacbookProをケースに入れた様子。これでもまだまだ余裕です。

↑ iPad9.7インチを入れた様子。割とギリギリですがその次に上のサイズである10.5インチであれば入ると思いますが、12.9インチは厳しいと思います。

↑ こちらにはiPhoneXRがすっぽり入るので、空港にいるときなど簡単にものを出し入れすることができます。

↑ スーツケースの持ち手部分に通すことができるので移動が非常に楽です。

ビジネスバッグ購入は未経験

これまでビジネスバッグと呼ばれるジャンルのものは購入した経験がありません。そのため購入する前に、サイズ感や質感などを知りたかったので、まずは家電量販店に行ってチェックしようと思います。

札幌市内で大型家電量販店といえばヨドバシカメラビックカメラがメジャーです。ということで両方チェックしに行ったのですが、ビックカメラは残念ながらビジネスバックがほとんどなかったため、ヨドバシカメラで詳しく見ることにしました。

アマゾンのレビューの中には耐久性が低いという書き込みも多く、実物を見て質感が良いものを選びたいと思います。

実際にヨドバシカメラでビジネスバッグを見てみると、画面から想像していた印象よりも質感が低いものもありましたし、逆に気にしていなかったビジネスバッグが良かったりとビジネスバッグは実物を見るに限るなぁと実感しています。

Amazonで評価の良かったビジネスバッグ

アマゾンで評判の良かったのはサンワサプライのビジネスが多い印象でした。価格も10,000円以下のビジネスバッグが多く、使い勝手も良く非常に魅力的でした。

実際にヨドバシカメラで見た時も質感・サイズ感もよく10,000円以下には見えないクオリティーでしたので、これで良いなと思っていました。

ですが、その横に見た目も変わらず価格がamazonで1,000円程度安かったので今回はA.L.I ADC-3601W-BKを購入したという経緯です。

今後使い続けるかわからないのでできるだけ安く購入したいと考えていたので良い商品に出会えました。

最近良く見るCORDURA(コーデュラ)

バッグを色々と物色しているうちに気づいたのがCORDURA(コーデュラ)というロゴ。何かのブランドかと思っていたのですが、最初に良いなと思っていたサンワダイレクトのビジネスバッグにも、今回購入したA.I.L ADC-3601W-BKにもCORDURAのタグが付いました。

調べてみると・・・

ナイロンの7倍もの強度を持つ耐久性に優れた繊維で、インビスタ社の登録商標。 高機能の衣服、用具、ワークウェアに使われる「丈夫な素材」。 現在ではさらに耐久性が必要とされる衣服や用具から日常着にいたるまで様々な製品に使用されている。

とのことでした。バッグは丈夫な方が良いのでCORDURAを採用している方がいいですよね。

次回はTUMIが欲しい

今回タイへ旅行へ行った際にビジネスバッグの使い勝手が良ければ、気に入ったビジネスバッグも欲しいなと思っています。たくさんのビジネスバッグを見ていた中ではやはりTUMIが良いと思いました。

パソコンやガジェット系をうまく収納したい方のお役に立てればと思います。

こんな記事も読まれています|関連記事一覧

ヤマダソウイチロウ

ヤマダソウイチロウ・1975年3月7日生まれA型。Webクリエイター、Videoクリエイター、料理人の3足のわらじで活動しています。 詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。(別サイト)

Youtubeチャンネルも開設していますので是非御覧ください!
カレー専門料理チャンネル
フリーランスの日常