PAGE TOP ▲

時間と場所にとらわれない生き方・働き方をコンセプトに、おすすめできるモノ・コトを発信するブログ

TOP 2024年はこう生きる

2024年はこう生きる

  • 公開日:2024年1月6日
  • 最終更新日:2024年1月6日
  • カテゴリ:

あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくおねがいしますm(_ _)m

今回は年始ということもあり、まずは抱負からはじめたいと思う。2024年はどんな感じで生きていきたいかを整理して、以下の3つを考えてみた。

・映像制作をライフワークに
・写真で思いを伝える
・拠点を増やす

以上の3つを主軸として2024年は生きる予定。新年ということもあるので、一つ一つ具体的に書いていこうと思う。

映像制作をライフワークに

基本的な考え方として、何の価値があるかわからない他人に映像を創るのはやめ、Web制作時代に受託業務ばかりやっていて消耗したので、そうならない生き方をしたい。クライアントワークで振り回されてきたが、独自のコンテツから収益を生み出すようにしようと思う。

自身で運営しているYouTubeチャンネル『カレーライフ』は、現在20本の動画で登録者数7000人までいった。このチャンネルをまずは1万人まで増やし、ビジネスに繋げていきたい。例えば、動画で観たカレーのミックススパイスなどの通販事業にも進出したり、自分で作ったカレーを食べてもらうようなイベントもできたらいいなと考えている。

2023年にはドローンも購入したので、私が暮らしている安平町を空撮して、町の魅力を伝えるということも計画中。

写真で思いを伝える

いままでどうして写真に興味を持たなかったのが不思議なのだが、2024年は写真について深く向き合いたい。きっかけは毎日見ているYouTubeのドリキンさんがLeicaに興味を持ち、写真家の西田航さんと、映画プロデューサーの石井朋彦さんに出会い、ライカ三兄弟結成していくまでの動画を見ていくうちに写真に興味を持った。

その後、2B Channelの渡部さとるさんのYouTubeチャンネルに出会い、晴れたらセンパチという露出の考え方を知る。世界中太陽は一つなのだという露出の考え方に、理屈はよくわかっていないが、今も昔もどこにいても写真は一緒なのだなぁと感心した。

一方で私といえば、動画撮影の際に使用しているミラーレスカメラを持っているのに、写真はいつもiPhoneばかり。ドリキンさんの毎日5枚ずつ掲載される写真を観て、西田さんのスナップを観ていると、iPhoneでは表現できない世界を知る。

動画との違いは静止画であるということ。そんな当たり前のことに、ようやく気づくことができた。そして、静止画は写真という作品を出力した状態で発表ができること。映像と違い、写真は色々な場所で気軽に観てもらうことができる。

そして、2023年にはもう一台、写真専用にミラーレスを購入した。SONYのα7Ⅳ。2024年は撮りたいモノをどんどん撮りたいと思う。

拠点を増やす

妻のアロマサロン『あろまららく』を2023年に自宅でオープンしたため、想定よりも居住スペースが狭くなってしまった。私の仕事スペースは寝室の一部のみとなってしまうが、それでも十分に仕事はできる。

それだけであれば、なんとかなるのだが、サロンの予約が入れば、私がどこかに行かなくてはいけない。ヘッドやハンドなど部分的な施術であれば良いのだが、最近は全身トリートメントのお客様が多く、全裸での施術のため、外出するようにしてる。

一回の予約で約3時間外出する必要があり、2組入れば6時間となり結構厳しい。今の所それほど忙しくはないが、今後を考えると引っ越しか、拠点を増やすしかない。引っ越しの手間を考えると拠点を増やしたほうが現実的なので、この機会に札幌にマンションを借りてもいいかなと検討中。

安平町に移住して間もなく3年になろうとしているが、やはり札幌の便利さは否めない。ヒト、モノ、コト全てにおいて都会は楽しめるし、ビジネスをするにはちょうどいい。

2024年もよろしくお願いします

気づけば3月で49歳になり、40代も最後の年。気力も体力もピークは過ぎているので、焦らず・怠けず・コツコツと生きていこうと思う。

私の周りにはキッズが多く、人生でこんなに多くのキッズと触れ合ったことはなかった。

ヤマダソウイチロウ

ヤマダソウイチロウ・1975年3月7日生まれA型、現在48歳。映像制作を中心に、クリエイティブな活動しています。詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。

Youtubeチャンネルも開設していますので是非御覧ください!
CURRY LIFE
Soichiro Yamada